本日の 2次元・アニメ ネタランキング

『FGO×サンリオ』マシュやギルガメッシュがサンリオデザインでグッズ化!サンリオとのコラボカフェも開催決定

なんだかおもしろい
1

「Fate/Grand Order(FGO)」と、サンリオのコラボが実現!各サーヴァントがサンリオデザインでアレンジされました。またサーヴァントたちのコラボグッズの発売も決定です。

続きを読む
ページトップへ

最新の2次元・アニメRSSニュース

神奈川の公立高校入試制度改正 記述式で低い正答率

 神奈川県教育委員会は25日、平成25年度公立高校入試の学力検査結果を公表した。新学習指導要領の導入に伴う制度改正で、記述式の解答を求める問題を増やすなどして従来以上に「思考力、判断力、表現力その他の能力」を測る内容とした結果、思考力をみる問題や記述式の解答を求める問題で正答率が低くなる傾向がみられたという。  県教委によると、従来はほとんどなかった正答率10%未満の問題が、今回は英語、数学、社会でみられた。全日制課程では、英語の会話の流れを理解して文脈に適した英文を作る問題などで10%を下回った。数学の考察が必要な確率の問題や、社会の複数資料から情報を読み取った結果を記述する問題なども正答率が低かった。  全日制の25年度(100点満点)の平均点は英語54・8(24年度は50点満点、100点換算で68・8=以下同)▽国語67・8(71)▽数学65・5(67)▽理科66・4(62・6)▽社会51・1(64・2)−だった。  公立高校入試は24年度まで学力検査を伴わず面接中心の「前期選抜」と学力検査による「後期選抜」の2回の受験機会があったが、今回から「共通選抜」に一本化して原則、全員に学力検査と面接が課された。

【編集部】リーダー探しの旅

 企業や経済官庁を舞台にした城山三郎さんの経済小説には、熱いドラマがあり、生き生きと輝く実在のモデルがいた。城山さんの筆力や登場人物にあこがれて新聞記者を志したのは、もう20年以上も前のことだ。先輩記者には「松下幸之助氏(松下電器産業=現パナソニック創業者)と本田宗一郎氏(ホンダ創業者)に会いたくて新聞社に入った」という人もいた。こうした一流経済人の多くは、昭和史の中の人になってしまったが、ぜひ、経営の神様といわれる幸之助氏の世界観に直接触れてみたかった。  年明けから連載している「The リーダー」の前回のシリーズ(第4部 指導者はつくれるか)では、幸之助氏が創設した松下政経塾を取り上げ、その人物像にも迫った。今もなお、「リーダー」として高い評価を受ける理由は何か。戦後や高度成長期に、国民に夢を与える家電製品を次々と世に送り出した経営者だったからか、でっち奉公から世界企業を起こした成功者だったからか。  中国の改革開放を進めた最高実力者、、トウ小平氏は、松下電器本社を訪れて幸之助氏と会談し、工場を熱心に見学した。晩年に開塾した政経塾には多くの人材が集まり、後の首相まで輩出した。

NAME
E-MAIL
SUBJECT
TEXT
KEY
URL

アダルトのネタ