本日の 芸能 ネタランキング

【サッカー】 長谷部誠 日本代表先輩に 「人間的におかしなやつ」 がいた!? 「言ったら大問題」

にゅーす特報
熱きキャプテン 長谷部誠―蒼きSAMURAI〈2〉 (蒼きSAMURAI 2)サッカー日本代表・長谷部誠(33)=E・フランクフルト=が1日放送のTBS系トーク番組「サワコの朝」に出演。6月13日のW杯アジア最終予選・イラク戦に出場した日本代表の先発メンバー表を分析し「とにかく人間的にいいやつがそろっていますね。人間的に、あまりおかしなやつがいない」と評価しました。

MCの阿川佐和子に「過去に、おかしなやつが?」と問われると、長谷部は焦りながら「なかなか、それ言ったら大問題ですよね。ハハハ~」と大笑い。

それが誰なのかを知りたそうな阿川に対して、長谷部は額に汗を浮かべ「いや~。でも、あの、どうだろ?いや、先輩だから、言えないな」と、名前を挙げそうになりながらも必死に隠し通しました。 続きを読む

【悲報】大島優子が一時休業で海外へwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

mashlife通信
1: 名無し 2017/07/04(火) 05:07:50.75 ID:CAP_USER9

7/4(火) 5:00配信
 元AKB48で女優の大島優子(28)が、芸能活動を一時休止し、海外へ渡航することが3日、わかった。所属事務所がデイリースポーツの取材に対して認めた。渡航場所や時期、期間等は未定。大島は2日に仙台市内で行ったファンミーティングで、ファンに向けて海外へ行くことを宣言していた。

【写真】大島優子“4文字スラング動画”でインスタ荒れ放題

 国民的アイドルグループ・AKB48で頂点を極めた大島が、新たな芸能人生に向けて大きく動き出す。所属事務所の関係者は、取材に「本人には昔から海外に行きたいという夢があった。このタイミングで行かせていただけることになったので」と、海外行きは大島自身の希望であることを明かし、芸能活動は一時休業となることを認めた。

 渡航場所や時期、期間については「プライベートなことなので、お答えできません」と回答。「仕事が入ったら、途中で帰ってくる可能性もある」と、早期復帰の可能性も示唆した。また、事務所の退所や芸能界引退などは否定した。

 大島が2日に行ったファンミーティングに参加したというファンのSNSによると、大島は「準備ができたから、人生チャレンジということで海外に行く」とファンに向けて発言。当面は日本から離れ、会うことができなくなるという趣旨のトークを行ったという。

 大島は30日まで全国6都市でファンミーティングを行うため、早ければ8月にも海外に向けて旅立つとみられる。大島は過去にSNSで海外留学への思いを明かし、「アメリカかヨーロッパがいい」と希望したことがあり、活動の幅を広げるために欧米での勉強を志しているとみられる。

 大島は96年から子役として芸能活動を始め、14年6月にAKB48を卒業してからは女優として活躍。今年1~3月には日本テレビ系連続ドラマ「東京タラレバ娘」に出演し、高評価を得た。11月には29歳になるだけに、20代最後の1年は今後に向けての大きな転機となる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170704-00000001-dal-ent
no title



ワイ(挿入しながらサラッと)「ワイのチンコ何番目に大きい?」 彼女(18)「うーん、」 → → →
【悲報】チェリーボーイが見たら死んでしまう画像が発見される…
【衝撃画像】女子小学生(11)、性欲の本音を語った結果wwwwww
【悲惨】 熱中症で重度のガイジになった女子高生がこちらです… (画像・動画あり)
【画像】最近の運動会にある女子中学生のダンスwww発育良すぎてwwwエッッッッッッッwwww
妻「あなたお疲れ様…んんんんんんっ!」 夫「おい、どうした?」 → → →
【画像】乳大きすぎて浴衣からこぼれてる女の子wwwww
飲み会で20代ドーテイの奴に「その年でドーテイやばいだろw」と言った結果wwww
【驚愕】同じ職場の乳を毎日見てた結果wwwwwwwwwwww


続きを読む
ページトップへ

最新の芸能RSSニュース

印 井戸に落ちたヒョウを住民が救出

インドでは、経済成長に伴って野生動物の生息地が急速に失われるなか、西部の村で、餌を探して人里に迷い込んだヒョウが井戸に落ちているのが見つかり、住民らによって無事に救出されました。 インド西部のグジャラート州の村で、6日、1頭のヒョウが、井戸に落ちて出られなくなっているのを住民が見つけました。 連絡を受けた森林局の担当者らが、木やつるで作った簡易な担架を井戸の中に下ろすなどして救出に乗り出しましたが、ヒョウは興奮していてうまくいきませんでした。 最終的には、ヒョウの体にロープをうまく巻きつけるなどして、8人がかりで1時間半かけて救出に成功しました。 救出されたのは3歳ぐらいのヒョウの子どもで、けがはなかったということです。 インドでは、経済成長に伴う森林伐採によって野生動物の生息地が急速に失われており、餌を探して野生のヒョウやトラなどが人里に迷い込み、井戸に落ちてしまうケースが増えているということです。

(105)配りまくった6000枚のチラシ 林家彦いち独演会 松田悠さん

 年に一度、旭川市で林家彦いちの落語会を行っているのが、会社員の松田悠(はるか)さん(26)だ。今年も9月9日に、旭川市民文化会館小ホールで、「第3回林家彦いち独演会」を行うことがすでに決まっている。チケットの発売は5月中旬の予定。  彦いちは松田さんについて「まったく欲がない人だから応援する。そこが彼女のいいところ」と、話す。  神奈川県出身の松田さんは、高校生の時に初めて見た落語家が林家彦いちだった。  『しゃべれどもしゃべれども』(佐藤多佳子著)を読み、「本物の落語を見てみたい」と思って、たまたま横浜のにぎわい座でやっていた彦いちの会を初めて見た。満席だった。  「こんな世界があるんだ」と、松田さんは落語の世界に驚いた。「鮑のし」と「保母さんの逆襲」だった。今でもよく覚えている。「面白かったというよりも、何だこれっ、という感じだった」  それから松田さんは落語会に頻繁に通うようになった。あるとき、たまたま彦いちの落語会で隣り合った女性に話しかけられて、彦いちに楽屋で紹介してもらったことがあった。  それから空白があるが、3年前、仕事の関係で住み始めた旭川市で、彦いちの出る落語会があり、久しぶりに会い、楽屋で本にサインをしてもらった。  そのとき、「落語会を企画してくれたら、(旭川に)来るよ」と、彦いちが言った言葉を信じて、松田さんは旭川で彦いちの落語会を開催したいと思うようになる。当時はまだ旭川に来て1年ほどで、落語会のことも分からず、「どうしたらいいか」と落語会に関係する人を旭川で捜した。

2次元・アニメのネタ