本日の 芸能 ネタランキング

ページトップへ

最新の芸能RSSニュース

女子ゴルフ 酒井がツアー初優勝

ゴルフの国内女子ツアーの大会は、千葉県袖ケ浦市で最終ラウンドが行われ、23歳の酒井美紀選手が通算17アンダーで並んだ韓国のアン・ソンジュ選手とのプレーオフを制し初優勝を果たしました。 首位に並んでスタートした酒井選手は、バーディー4つにボギー1つでスコアを3つ伸ばし、通算17アンダーとしました。 しかし、首位と2打差の4位からスタートした韓国のアン・ソンジュ選手がスコアを5つ伸ばして酒井選手と並んだため、勝負の行方はプレーオフに持ち越されました。 迎えたプレーオフの2ホール目でアン選手がパーパットを外したのに対し、酒井選手はパーをセーブして、プロ5年目でツアー初優勝を果たしました。 酒井選手は「プレーオフは緊張しませんでしたが、最後のパーパットはとても長く感じました。やっと初優勝できたのでもっと頑張りたいです」と話していました。 2打差の3位は韓国のジョン・ミジョン選手でした。 このほか、大山志保選手が5位、森田理香子選手は19位、横峯さくら選手は30位でした。

志賀原発で地震想定 国の総合防災訓練

ことしの国の原子力総合防災訓練が、石川県にある志賀原発で地震に伴う事故を想定して午前中から始まり、周辺の住民のほか、国や地元自治体、それに北陸電力などおよそ150の機関が複合災害に連携して対応する訓練を行っています。 この訓練は国が年に1回行っているもので、ことしは石川県志賀町にある志賀原発での事故を想定して行われています。 午前中は、震度6強の地震の影響で原子炉を冷却する装置の一部にトラブルが起きたという想定で、政府が原発事故と地震のそれぞれの対策本部の会議を内閣府の庁舎で開きました。 原子力規制委員会の田中知委員が、原子炉の冷却装置が故障で1つしか作動していないため、今後住民の避難が必要となる可能性があると報告し、各省庁が連携して対応することを確認しました。 また石川県や隣接する富山県の県庁でも対応を検討する会議が開かれ、国や志賀町にある災害対策の拠点、オフサイトセンターなどを結んだテレビ会議で、PAZと呼ばれる原発から5キロ圏内では高齢者などの避難を先行して始めるという、国からの指示を確認していました。 福島第一原発の事故を踏まえた国の新しい防災指針に基づいて訓練が行われるのは去年の川内原発に続いて2回目で、これから3日にかけて事態の悪化に伴って、避難などが必要な範囲を段階的に広げる訓練も行われ、住民と150の機関合わせて3700人余りが参加する予定です。