本日の 一般ネタ ネタランキング

世界で一番深い地下鉄駅、ウクライナ「アルセナーリナ駅」とその他世界屈指の深い場所にある駅

ガラパイア
0_e

 プラットホームの深さは地上から105.5m。ウクライナ、キエフ地下鉄スヴャトーシノ・ブロヴァールスィカ線のアルセナーリナ駅は世界で一番深い地下鉄として知られている。

 地表からまっすぐ垂直に立坑(たてこう)を掘ったとすると、自由の女神がすっぽり入ってしまい、30階建ての高層マンションが収まるほどだ。

 駅のホームに行くにはエスカレーターを2回乗り継がなくてはならない。そのうちの1つは、これまた世界で一番長いエスカレーターで、ホームにたどり着くまでに約5分かかる。
続きを読む

【悲報】欅坂46さんまたまたとんでもないgifを生み出してしまうwwwwwwwwwwwwwww

あじゃじゃしたー
1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/01(土) 21:31:16.73 ID:GhtCPx1H0
最新
no title

過去の名作
no title

no title

続きを読む
ページトップへ

最新の一般ネタRSSニュース

新潟・佐渡 トキのひな去年超の11羽

去年、36年ぶりに自然界でひなが誕生した新潟県佐渡市のトキは、この春にふ化したひなが11羽になり、去年の8羽を上回りました。 トキの野生復帰を目指している佐渡市では、自然界に放されたトキから去年、8羽のひなが巣立ち、ことしは、より多くのひなの巣立ちが期待されています。 環境省によりますと、28日から30日までに新たに3組のつがいから3羽のひなが誕生したことが確認されました。 これでこの春、ふ化したひなは合わせて11羽になり、自然界では36年ぶりにひなが誕生した去年の8羽を上回りました。 11羽のうち2羽は餌不足などで死にましたが、今も7組のつがいが卵を温め、今後もひなの誕生が続く可能性があるということです。環境省の長田啓首席自然保護官は、「順調にひなの数が増え、ほっとしている。去年のようにひなが無事に成長して巣立ちを迎えることを期待したい」と話しています。

小田急小田原線で人身事故、一時運転を見合わせ

 17日午後11時35分頃、小田急相模原―相武台前駅間で人身事故が発生した。  この影響で、小田急小田原線は相模大野―相武台前駅間の上下線で運転を見合わせていたが、18日午前零時55分、運転を再開した。 (2013年3月18日01時15分 )

アダルトのネタ