本日の エロ画像 ネタランキング

2次元 最大級のごめんなさい!土下座のエロ画像まとめ 30枚

おっき速報

エロ画像

日本人の謝罪と言えば、土下座ですよね!ごめんなさいね!みたいな軽い謝罪ではなく、最大級の謝罪!それは、焼き土下座!・・・って、それは、機械を用意するのが難しいので、全裸土下座ですよね!謝罪される側にエンターテインメントを提供しながらも、申し訳ないという気持ちを最大限にアピールする土下座!それとエロの組み合わせが全裸土下座ですね!

私は、まだ生きてきた中で全裸土下座をしたことも見たこともない、にわかゲザーなのですが、いつか、全裸土下座する機会があるかもしれませんので、今から練習しておきます!

エロ画像



エロ画像



エロ画像



エロ画像



エロ画像



エロ画像



エロ画像



エロ画像


10
エロ画像


11
エロ画像


12
エロ画像


13
エロ画像


14
エロ画像


15
エロ画像


16
エロ画像


17
エロ画像


18
エロ画像


19
エロ画像


20
エロ画像


21
エロ画像


22
エロ画像


23
エロ画像


24
エロ画像


25
エロ画像


26
エロ画像


27
エロ画像


28
エロ画像


29
エロ画像


30
エロ画像


この記事でシコッた人はこんな記事でもシコっています

3次元 縄が肌に食い込む所をずっと見ていたいエロ画像 33枚

おっき速報

エロ画像

縄で縛られている姿を見ていると興奮するのは、自然の摂理ですよね!やっぱり、女の子が、自由を奪われ、縄で拘束されている姿に興奮してしまいますな!

綺麗な女の子や、可愛い女の子を征服する感覚はいつになっても最高ですな!!縄や、ロープで縛るのを人生で一度くらいはしてみたいですね!みなさんは女の子を縛ったことはありますか?私も、いつかのために、亀甲縛りの縛り方は覚えましたよ。

エロ画像



エロ画像



エロ画像



エロ画像



エロ画像



エロ画像



エロ画像



エロ画像


10
エロ画像


11
エロ画像


12
エロ画像


13
エロ画像


14
エロ画像


15
エロ画像


16
エロ画像


17
エロ画像


18
エロ画像


19
エロ画像


20
エロ画像


21
エロ画像


22
エロ画像


23
エロ画像


24
エロ画像


25
エロ画像


26
エロ画像


27
エロ画像


28
エロ画像


29
エロ画像


30
エロ画像


31
エロ画像


32
エロ画像


33
エロ画像


この記事でシコッた人はこんな記事でもシコっています

ページトップへ

最新のエロ画像RSSニュース

5月6日付 トルコ原発受注 官民でインフラ輸出の加速を

 トルコが計画する原子力発電所の建設を、三菱重工業と仏原子力大手アレバの企業連合が受注することになった。  安倍首相とトルコのエルドアン首相が首脳会談で合意し、両国は輸出の前提となる原子力協定にも調印した。  首相が自らトップセールスした経済外交の成果を評価したい。  2011年の東京電力福島第一原発事故後、民主党政権が「脱原発」を掲げたため、受注の決まっていたベトナムの案件も含め、原発輸出の停滞が懸念された。  官民の連携で輸出が決まるのは事故後で初めてだ。  安倍内閣が、原発輸出を推進する姿勢を明確にしたことで、巻き返しに成功した。  今回の受注は、原発4基を新設する2兆円の大型案件だ。中国や韓国と競争の末、耐震性など日本の技術力が評価された意義は大きい。これを機に、原発輸出に弾みがつくことが期待される。  2035年までに世界で建設される原発は、エネルギー需要の増えるアジアや中東を中心に約180基にのぼるとの試算もある。  巨額の外需獲得が見込める原発などのインフラ(社会基盤)輸出は、人口減少で国内市場が縮小する日本にとって、成長戦略の切り札といえる。  新興国の原発建設には政府が強く関与し、援助や安全保障を絡めた交渉になる例が多い。首脳が売り込みをかけるロシアなど、ライバルに後れを取りかねない。  日本政府が今後も前面に出て、公的金融などを駆使した総合的な政策支援を行うべきだ。  政府は3月、関係閣僚による「経協インフラ戦略会議」を設け、原発ビジネスの展開などについて論議を始めたばかりだ。民間と緊密に連携し、実効性のある施策を打ち出してもらいたい。  気がかりなのは、日本の中長期的な原発政策の方向性が、あいまいなことである。  日本製の原発を海外に熱心に売り込む一方、日本国内では新増設しないというのでは、相手国の信頼は得られまい。  国内の古くなった原発を順次、安全性の高い最新型に更新することで原子力技術は一段と向上し、優秀な人材も育つ。原発を主要電源として活用し続ける現実的なエネルギー戦略を、政府は明確に打ち出さなければならない。  福島第一原発事故の知見で安全性を高めた原発を輸出し、運用にも協力する。これが日本に求められる責務のひとつである。 (2013年5月6日01時32分 )

発受電電力量、6月は半年ぶり増加 猛暑の7月は急増確実 東電管内の上…

 電気事業連合会が12日発表した6月の発受電電力量(速報)は、電力10社合計で前年同月比0・6%増の709億1千万キロワット時だった。気温が全国10地点平均で前年より1・1度高く、冷房需要が増加したことにより、6カ月ぶりに前年実績を上回った。  電力各社によると、北海道以外の9社が前年実績を上回った。伸び率は沖縄電力の2・1%を筆頭に、東北電力の1・7%、中国電力の1・0%が続いた。東京電力は0・7%、関西電力は0・8%だった。  梅雨明け以降、7月に入り全国で暑さの厳しい日が続いている。東京電力管内の今月1〜9日の発受電電力量は前年同期比8・6%と大幅増。夏場の電力不足に懸念が高まっている。

ニュースのネタ